プライベート感を楽しめてのんびりできる離島の馬島へ行ってきました

のんびらんど うましま海岸 キャンプ
のんびらんど うましま海岸

ざっくりと私の『馬島』渡島経験の紹介です。

渡島目的
キャンプ、釣り、海水浴
渡島回数
1回
最終渡島日
2015年8月

馬島って名前の島は山口県田布施にしかないと思ってたら、愛媛県や福岡県にもあるんじゃ。

そりゃよくありそうな名前なんであるよね。

ということで、今回行ったのは山口県の馬島です!

毎年、友達グループとキャンプへ行ってたのですが、友達から「良い島を見つけたから行ってみたい!」という連絡を受けていくこととなりました。

今思えば、島を廻りたくなったのはこの島へ行ったからかもしれん。

馬島の行き方

  1. 渡船(麻里府港から8分で到着)

馬島へは麻里府港から出ている渡船で行くことができます。
渡船のみでフェリーは出ていないのですが、荷物は結構載せることができます。私達は15人分の荷物を載せてもらいましたが全然余裕でした。

運賃と時刻表

麻里府港⇔馬島の運賃です。
大人:160円
子供:  80円

安い!ものすごい良心的!

馬島の出港時刻は7:05から18:00までの間に7本もあるので時間を選んで渡ることができます。
これだけ出てるのは助かりますね。

駐車場は無料で50台ほど駐車できます。

麻里府港の住所(地図
〒742-1514 山口県熊毛郡田布施町別府

料金や時刻表は古いことがありますので、島に渡る前には熊南総合事務組合のサイトで確認してください。
熊南総合事務組合のサイト

馬島での宿泊はキャンプのみ

馬島へ行く人の目的の大半はキャンプか海水浴かバーベキューだと思います。

それしかないというか、それだけで十分というか、それだけであってほしいと思うぐらいシンプルで落ち着ける島です。

ですので宿泊場所も限られます。

それは”のんびらんど うましま”です!
のんびらんど うましまのサイト
http://nonbiland-umashima.net/

名前の通り、このキャンプ場は広々として、隣サイトまでの間隔もひろく、のんびりと時間と空間を楽しむことが出来ました。

のんびらんど うましまのキャンプ場

のんびらんど うましまのキャンプ場

一旦荷物を広げた状態なので雑多な状態ですが…。サイト間の仕切りがないので使いやすいです。

馬島は車で渡れない離島なので、荷物を多くすると移動に苦労します。キャンプ場まで歩いて10分ほど…こんなに持っていくんじゃなかったと思っています。

予約制だったと思うけど、リヤカーを貸してもらえるので担いでキャンプ場まで持っていけないという方は使ってみてはどうでしょうか。
ちなみに私たちは2台借りました。

すいか割りを楽しむおじさん

すいか割りを楽しむおじさん

すいか割りをペグハンでやるという暴挙。
このタンクトップおじさんが馬島を紹介してくれた友人です。

馬島でのアウトドア・アクティビティは限られていますが、その分おもいっきり遊べる環境にありました。
残念ながら遊びに夢中で海水浴場の写真を撮り忘れてしまったのですが、馬島へ移住したという方のサイトがあるので見られてみてはどうでしょうか。

うましまCOLOR
http://umashima.web.fc2.com/index.html

釣果情報 行くたびに更新します!

馬島での釣果はこんな感じです。

馬島での釣果情報をまったく調べずに行きました。というよりも情報が無さすぎ。
釣りをしに行く人があんまりおらんのんだろうなぁ~。

  • チヌ(港)

島民のおじちゃんに話を聞く限りでは、チヌしかおらんという話。だけど、すれていないのでチニングでも簡単にヒットするので楽しいですよ。

なんでもOKだと思うけど、これを使いました。

チヌしかいないわけはないと思うので、次回は他の釣りをチャレンジしてみよう。
サーフもあるのでキスなんかは釣れると思います。
是非、誰か一緒に行ってください!

この旅行で使った道具

ほとんどの道具を友達が用意してくれたので、なにを使ったかあんまり把握してませんでした^^;